鬼平犯科帳(二十四)池波正太郎





鬼平犯科帳って知ってますか?


鬼平犯科帳(二十四)

目次

女密偵女賊
ふたり五郎蔵
特別長編 誘拐 相川の虎次郎
特別長編 誘拐 お熊の茶店
特別後編 誘拐 浪人・神谷勝平


女密偵女賊

この年も押し詰まった或る日、朝も暗いうちに、本所・相生町四丁目の家を出たおまさは、
渋谷へ向かった。




『鬼平犯科帳』(おにへいはんかちょう)は、池波正太郎の時代小説。略称は鬼平。

「オール讀物」に連載された。火付盗賊改方長官・長谷川平蔵を主人公とする捕物帳で、同じ池波作である『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』とならんで人気を保っている。テレビドラマ化・映画化・舞台化・漫画化されている。



1968年には文藝春秋から最初の単行本が刊行された。全部で135作で、ほか番外編が1作ある。このうち5作が長編、残りの130作が短編作品である。未完に終ったのは最後の『誘拐』1作のみで、これは作者急逝のためである。

現在は文春文庫に収められ、全24巻(新装版)で刊行されている。



同じカテゴリー(鬼平犯科帳)の記事画像
清水門は北の丸の東門
同じカテゴリー(鬼平犯科帳)の記事
 清水門は北の丸の東門 (2014-06-28 13:01)

Posted by しまふく at 2014年06月22日22:20 │鬼平犯科帳
Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。





QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
しまふく